介護事務の資格試験に独学で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務とは?

 

介護事務とは、読んで字のごとく介護に関する事務職です。

 

介護保険が導入されてから、介護サービスを利用している人は、

 

毎月の費用の1割を自己負担しなくてはなりません。

 

 

つまり、残りの9割は国や市町村が負担してくれているのです。

 

この9割の介護サービス費用を計算し

 

請求するのが、介護事務職なのです。

 

 

介護の資格にケアマネージャーがいますが、

 

介護事務の仕事を兼務しても良いことになっています。

 

 

ですが、ケアマネージャーの仕事量は、あまりに多く、

 

兼務することができないのが実状のようです。

 

 

そこで、介護費用の計算のスペシャリストとして、

 

介護事務の資格が生まれました。

 

 

介護事務と言うと、なんだか簡単な感じがしますが、

 

実際はとても複雑です。

 

 

私も、最初は軽い気持ちで勉強しましたが、

 

途中から、これは大変かも・・・と感じました。

 

というのは、介護事務は、他の事務仕事も任されるからです。

 

 

ヘルパーステーションであれば、

 

その勤怠まで兼務している介護事務者も少なくないでしょう。

 

 

介護事務は、月末に一ヵ月分のデータを集計し、

 

翌月の10日までに、請求内容を提出しなければなりません。

 

 

私は、通所施設で介護事務の仕事をしていますが、

 

利用者さんの利用料の計算や請求を1人で行っています。

 

その他に、介護の仕事もしているので、とても忙しいです。

 

 

ただし、介護の仕事と、介護事務は、連携している部分が大きいので、

 

勉強を始めやすい環境ではありましたね。

 

 


無添加系トライアルセット