介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と介護報酬

 

介護報酬とは、介護保険の中で認定された、

 

介護保険施設やサービス提供事業者などが、

 

サービス利用者に対して行った介護サービス内容について、

 

支払われる報酬のことです。

 

介護事務の一番大きな仕事と言えるでしょう。

 

 

医療事務の知識がある人は、「診療報酬」と言葉が似ていますから、

 

わかりやすいのではないでしょうか。

 

 

そもそも、介護保険は、医療保険をモデルにして作られたようなものですから、

 

部分的に用語などが似ているケースが多いのです。

 

 

それは余談として、この介護報酬の計算が間違っていると、

 

施設や事業者への国や自治体からの支払いが行われない場合や、

 

支払いが遅れることになりますから、大きな損出となります。

 

 

介護事務は、事業所の収入に直結している分野ですから、

 

計算内容や申請書の記入に正確でなければなりません。

 

 

介護事務員によって、請求された内容は、

 

国民健康保険団体連合会(略して国保連)の審査を受け、

 

問題がなければ支給となるのです。

 

 

介護事務員にとって、国保連という言葉は、

 

とても恐ろしいものなのです(笑)。

 

 

実際、私も介護事務の業務に就いたばかりの頃は、

 

何度か国保連からの手紙をいただきました。

 

 

請求業務が近くなると、

 

国保という言葉だけでも、反応したものです。

 

 

最初のうちは、うまくいかないこともありますが、

 

介護事務の仕事をこなしていくうちに介護保険の仕組みについて、

 

だんだんと詳しくなれますから、安心してくださいね。

 

 


無添加系トライアルセット