介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務員とケアマネージャー

 

介護事務員とケアマネージャーは、良きパートナーであるべきです。

 

これは、介護事務が、ケアマネージャーの仕事の

 

補助的な役割をこなしているからです。

 

 

本来、介護保険の中では、介護報酬の給付等に関する業務は、

 

ケアマネージャーの仕事でしたが、あまりに業務が多く、

 

請求に関する分野まで、手が回らなくなっていたのです。

 

 

そこで、請求のスペシャリストとして、介護事務が登場しました。

 

ケアマネージャーが立案した介護計画書に沿って、介護サービスを提供し、

 

その提供したサービス内容を介護報酬と言う、数字に変えて請求するのですから、

 

介護事務員とケアマネージャーは、二人三脚状態なのです。

 

 

また、サービス利用中に、急な予定変更があった場合にも、

 

その変更をすることで、利用者さんの利用限度額を超えていないか、

 

介護事務員であれば、すぐに計算できるでしょう。

 

 

介護保険では、利用者さん一人一人に、限度額と言うものがあって、

 

それを超えた金額に関しては、全額自己負担となってしまいます。

 

 

利用者さんが、自己負担分を納得の上で、サービス変更をするのであれば、

 

問題ありませんが、勝手に事業者が変更してしまうのは、

 

良いサービスを提供しているとは言えないでしょう。

 

 

利用者さんの金銭的負担を大きくしないように配慮するのも、

 

介護事務員の仕事の一つなのです。

 

 

介護事務員とケアマネージャーは、

 

常に相談しあって仕事をするということが、理想ですね。

 

 


無添加系トライアルセット