介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と国保連

 

介護事務の仕事をしている人なら、

 

国保連と言う言葉は、あまり耳にしたくないものです。

 

 

国保連とは、国民健康保険団体連合会の略で、

 

介護事務員が提出した介護報酬請求に関して、

 

正しいかどうか審査する機関なのです。

 

 

この国保連で、審査に通らなければ、

 

介護報酬の支払いは行われませんから、

 

介護事務員にしてみれば、

 

毎月無事に審査に通過するように願うしかありません。

 

 

私も、介護事務の仕事を始めた頃は、

 

やっとの思いで介護報酬請求を終えたのに、

 

ある日、国保連から封書が届き、

 

請求に関して、色々と指摘された覚えがあります。

 

 

とにかく、書類に記載されている文章の意味がわからず、

 

何度も国保連に電話をして、四苦八苦したものでした。

 

 

月初めに、前月分の介護報酬を計算し、

 

資料を作成したら(レセプトになりますが)、

 

毎月10日までに、国保連に送らなくてはいけません。

 

 

その後、国保連から、指摘された場合には、

 

もう一度修正をすることになるのです。

 

 

介護事務員にとって、国保連は、関所のようなものでしょうか(笑)。

 

私の友人も介護事務の仕事をしていますが、

 

実は彼女は、介護事務の資格を持っていません。

 

 

ですから、介護事務についての詳しい知識がなく、

 

国保連の指摘が怖いというのです。

 

 

私は、その彼女に介護事務の資格を取るように勧めました。

 

というのは、介護事務の資格がないと、

 

国保連とのやり取りもうまくいかないからです。

 

介護事務の資格を取って、国保連と対等に話をしましょう!

 

 


無添加系トライアルセット