介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と個人情報

 

介護事務の仕事をしていて、計算も難しいのですが、

 

私個人の意見としては、個人情報の管理に気を使います。

 

 

介護福祉士やケアマネージャーにも、守秘義務がありますが、

 

介護事務員にも、同様のことが求められます。

 

 

最近は、特に個人情報が漏れてしまうケースも多く、

 

こういった情報漏れは、事業者の質や信頼性を落としてしまうことになります。

 

 

介護事務の資格を取って、施設や事業者に就職した場合、

 

たくさんの個人情報を得ることになります。

 

 

これは、業務上、必要なことなので、

 

個人情報を得ること自体は、何ら問題はありません。

 

要は、その得た情報を、外に漏らさないということです。

 

 

介護事務員をしていると、毎月の利用請求金額や、

 

支払いについて、利用者さん本人、

 

又はその家族から、相談されるケースがあります。

 

 

その際に、わかり易い説明をするのがベストですが、

 

つい他の利用者さんのケースを、

 

例に挙げて話をしてしまう場合があるようです。

 

 

その利用者さんが、誰なのかがわからなければそれでいい、と言うのではなく、

 

いかに個人情報を抑えて、上手に説明するかが介護事務員の腕の見せ所なのです。

 

 

話を聞いていて、その人が誰なのか、わかってしまうと、

 

その時点で個人情報の漏洩、ということになり、

 

介護事務の仕事にも支障が出てきます。

 

 

どんな仕事も同じですが、業務上知り得た情報は、

 

その目的以外に漏らしてはならない、というのが常識です。

 

 

例え家族と言えども、簡単に利用者さんや、

 

施設の内情を話すことは避けましょう。

 

 


無添加系トライアルセット