介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と医療事務の違いとは?

 

介護事務と医療事務、どちらも事務の仕事ですが、

 

内容はどう違うのでしょうか。

 

 

医療事務の仕事をしているから、

 

介護事務の仕事も出来るはず、

 

と考えている人は、ちょっと違います。

 

 

介護事務と医療事務では、

 

根本的に請求する計算の仕方が違うのです。

 

 

どちらも、国などに計算した金額を請求するのですが、

 

医療事務は「保険点数」に、介護事務は「サービス単位」で

 

計算しなくてはいけません。

 

 

しかも、介護保険は、医療保険と違い、

 

その場で金額を請求するのではなく、

 

後払い方式になっています。

 

 

ですから、介護事務は、利用者さんへの料金の計算や、

 

請求業務もこなさなくてはならないのです。

 

 

また、介護保険では、介護を必要とするレベルによって、

 

利用金額の限度額が、予め決められています。

 

 

この利用限度額をオーバーしないように、

 

サービス内容を調整するのも、介護事務の仕事なのです。

 

医療事務とは、大きな違いがあることをわかっていただけたでしょうか。

 

 

金額の計算が、介護事務の大きな仕事ではありますが、

 

利用金額の詳細を利用者さんやその家族に

 

きちんと説明することも、重要な仕事です。

 

 

ですから、介護事務の仕事についている人は、

 

介護保険についても、ある程度の知識が

 

求められることになります。

 

 

介護事務は、介護保険の利用料金に関する計算と

 

請求部門のスペシャリストなのです。

 

 


無添加系トライアルセット