介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務の仕事について

 

では、介護事務の仕事はどんなものになっているのでしょう。

 

まず、一番の業務は、介護報酬請求ですね。

 

 

介護報酬は、介護サービス費の1割を利用者本人が、

 

残りの9割を国や自治体に、請求することになりますが、

 

それを計算し、レセプトを作成するのが、

 

介護事務のメインの仕事になります。

 

 

この介護報酬請求には、利用者さんの介護度や利用限度額、

 

受けているサービス内容など、事細かな部分まで把握できていなければ、

 

計算が出来ません。

 

 

また、パソコンを使って入力することがほとんどなので、

 

パソコンを使いこなすことも、

 

介護事務の仕事と言えるかも知れません。

 

 

そして、その他の介護事務の仕事としては、

 

介護サービスの売上げを集計し、

 

管理も任される場合があります。

 

 

つまり、介護事務は、

 

事業所の収支に関わる重要な仕事になるわけです。

 

 

さらに、ヘルパーステーションなどでは、

 

ヘルパーさんたちの勤怠管理をする場合もあります。

 

 

ヘルパーステーションの場合、事務の業務を分けることが少なく、

 

介護事務員が、その他の事務的な業務を兼ねるからです。

 

 

また、国保連とのやり取りや、他の関係機関とも、

 

介護事務は連絡を取り合い、

 

情報交換をすることも仕事になります。

 

 

介護事務は、介護サービスに関する計算だけでなく、

 

その他の細かな業務もあることを覚えておきましょう。

 

 


無添加系トライアルセット