介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と介護請求

 

介護事務の仕事の中で、代表的なものが、介護請求です。

 

介護請求とは、正しくは「介護報酬請求」と言い、

 

介護サービスを提供している事業者が、

 

その報酬を請求するための手続きなのです。

 

 

サービスを受けている利用者さんは、全体の費用の1割を負担します。

 

残りの9割は、国や自治体が負担することになっていて、

 

この費用の計算を行うのが、介護事務の重要な仕事なのです。

 

 

介護請求は、月の初めに、前月分の費用の計算を行います。

 

算出された費用の1割を利用者さんに請求し、

 

9割は国民保険保健団体連合会、

 

いわゆる国保連にレセプトを送ります。

 

 

国保連で計算などの間違いがなく、

 

審査に通過すれば、報酬が支払われるわけです。

 

国保連の審査はなかなか手ごわいです(笑)。

 

 

これは、おそらくまだ私が、未熟者だからでしょうから、

 

既に介護事務のプロの方々は、

 

「国保連なんてたいしたことないよ」と思われるかもしれません。

 

 

介護事務の仕事を始めたばかりの人には、国保連をクリアーするかが、

 

毎回どきどきモノではないでしょうか。

 

 

介護請求は、月末から翌月の10日辺りまでが、とても忙しいものです。

 

その時期が近づくと、憂鬱になりそうですが、そこは気持ちを切り替えて、

 

「今月もクリアーしてやる!!」くらいの気持ちで頑張りましょう。

 

介護事務は、自分が頑張った分だけ、結果として表れる仕事ですよ。

 

 


無添加系トライアルセット