介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と申請業務

 

介護事務は、介護報酬請求を行う際に、

 

国保連に申請しなければなりません。

 

 

ただ、毎月の利用料金を計算したものを送るのでなく、

 

決められた書式に計算結果を入力して、レセプトとして申請します。

 

 

このレセプト作成も、パソコンに専用のソフトがあるので、

 

そのまま入力すれば大丈夫、と言いたいところですが、

 

現実はそう甘くはありません(笑)。

 

 

介護事務は、民間資格ですから、正直言えば、

 

何の資格がなくても、介護事務の仕事に就くことは可能です。

 

ですが、それはちょっと無謀かもしれません。

 

 

利用者さん1人1人の受けているサービスの内容と介護度、

 

利用限度額などを事細かに把握できていてこそ、

 

正確な計算が出来ますし、パソコンを使いこなせてこそ、

 

請求業務がスムーズに行えます。

 

 

私も介護事務の仕事をしていますが、

 

その前は介護の仕事をしていました。

 

 

ですから、介護事務の仕事をすることになった時に、

 

利用者さんの細かな状態把握は、簡単にできると思ったのです。

 

 

もちろん、介護事務の資格は、試験を受けて取得していましたが、

 

実際の請求業務は、かなり難しいものでした。

 

 

しかも、私は、パソコン音痴・・・。

 

初めての介護請求は、四苦八苦でした。

 

 

介護事務には、計算能力も必要ですが、

 

スムーズな申請業務には、ある程度のパソコンの知識も必要です。

 

 

あれもこれもと資格を取るわけではありませんが、

 

介護事務の申請業務は、パソコンに慣れている人の方が、

 

取り掛かりやすいかもしれませんね。

 

 


無添加系トライアルセット