介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と会計業務

 

介護事務は、請求業務の他に、

 

会計業務もこなすところが多いようです。

 

 

どちらも、金銭管理の仕事ですし、

 

介護事務と一般事務を兼務して行っている、

 

事業者も多いのではないでしょうか。

 

 

会計業務の中身は、その事業者によって違いがありますが、

 

利用者さんに月々の利用料金を請求し、

 

集金するのが大きな仕事になります。

 

 

もちろん集金したら、領収書を発行し、

 

利用者さんに渡さなくてはなりません。

 

 

中には、その利用料金について、

 

家族から質問を受けることがあるでしょう。

 

 

そんな時には、介護事務員の出番です。

 

どんなサービスを提供したのか、

 

その結果の計算を説明することで、家族も納得が出来ます。

 

 

介護事務員の説明が不十分だと、

 

その事業者全体のイメージを悪くしますから、

 

注意しなくてはいけません。

 

 

また、介護事務は、細かな会計作業も、求められます。

 

職場での備品をチェックして、不足がないように手配し会計します。

 

 

介護事務とは関係ないと、思われがちですが、

 

介護事務の仕事だけで職場で働いている、

 

と言う人は、かなり少ないはずです。

 

 

規模が小さな職場になればなるほど、

 

介護事務員の仕事は、多岐に渡りますから、

 

予め心得ておきましょう。

 

 

ちなみに、私の職場は、小規模の通所サービスですから、

 

はっきりいって、介護事務はなんでも屋です。

 

でも、かえってそのほうが、ものすごく楽しいですよ(笑)。

 

 


無添加系トライアルセット