介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務とリハビリテーション計画

 

「介護事務が、どうしてリハビリテーション計画なの?」

 

と思う人もいることでしょう。

 

 

このリハビリテーション計画は、

 

主にリハビリを目的として利用している施設の、

 

介護事務員が担当するものです。

 

 

もちろん、介護事務員が、リハビリ計画を立てるのではありません。

 

そんなことができたらすごいですが(笑)。

 

 

ただし、介護事務の介護請求において、

 

リハビリを行っている人の計算はとても重要なのです。

 

 

ですから、利用者さんがどんなリハビリを受けていて、

 

その費用がどれくらいになるかを、

 

計画を実行する前に計算しなくてはなりません。

 

 

また、介護請求を申請する時にも、

 

リハビリテーション計画書と言うものを、

 

介護事務員が作成しますから、

 

中身をよく知らなければ作成できないのです。

 

 

そして、このリハビリテーション計画書は、

 

定期的に利用者さんに提示しなくてはならないことになっています。

 

 

そういったサポートも、介護事務員の大切な仕事になります。

 

働く場所によって、介護事務の仕事も違ってきますから、

 

介護事務の勉強をしながら、どういったところで働きたいかを、

 

はっきりさせるといいですね。

 

 

そして、リハビリテーション計画書だけでなく、

 

介護事務は、色々な関係機関との連携がポイントです。

 

 

自分だけで判断できない時には、ケアマネージャーなどに相談して、

 

協力してもらうことも、業務をスムーズに勧める秘訣です。

 

 


無添加系トライアルセット