介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と受付業務

 

介護事務の受付業務は、手続き業務と内容が似ています。

 

家族への介護保険の利用についての説明や、手続き方法を説明し、

 

安心して利用してもらえるように配慮するのです。

 

 

また、家族や関係機関からの問い合わせの際には窓口となり、

 

内容を受け付けるのも、大切な業務です。

 

 

電話での問い合わせの場合、相手の顔が見えませんから、

 

言葉遣いや声のトーン、話し方で、相手から好印象を受けられるかが決まります。

 

 

介護事務だけではありませんが、電話の応対は、非常に重要です。

 

私はずっと昔に、OLをしていた時期がありましたが、

 

新人研修の初日に指導を受けたのが、電話の応対でした。

 

 

「電話に出る者は、その職場の代表になれ」

 

と言われたことは今でも覚えています。

 

それだけ顔の見えない印象というのは、深く刻まれるのです。

 

 

特に介護現場というのは、

 

職員があわただしく動いている傾向にあるので、

 

そこでの介護事務員の応対は、

 

その施設を判断するポイントでもあるのです。

 

 

忙しい時期に、色々な問い合わせが来ると、

 

つい態度がきつくなりがちですが、

 

そこは懐の広さでカバーしましょう。

 

 

病院でも同じことが言えますが、

 

どんなに良い医師がいるところでも、

 

受付の対応が悪いと、その病院に足が向かなくなるものです。

 

 

介護現場も同じで、どんなに質の高いサービスを提供していても、

 

介護事務員が窓口となっているのですから、

 

施設の代表のつもりで応対しましょう。

 

 


無添加系トライアルセット