介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務の試験について

 

介護事務の試験は、その実施団体によって、

 

実施される日程が違います。

 

 

例えば、ケアクラークは、偶数月に試験が行われています。

 

そして、介護事務管理士は、奇数月に試験が行われ、

 

どちらも年6回の試験があるのです。

 

 

どちらの介護事務資格も、試験日程が重ならないようになっているので、

 

「ひょっとして、お互いの資格を意識しているのか?」と思ったほどです。

 

 

そして、介護事務実務士は、年に5回試験が行われますが、

 

勉強の仕方によっては、この介護事務実務士は、

 

試験を免除されることもあります。

 

 

さらに、介護保険事務士や、介護保険事務管理士といった資格も、

 

それぞれ試験があって、それに合格することで、資格が手に入るわけです。

 

 

介護事務の知識が全くない状態であれば、

 

お勧めするのはケアクラークや、介護事務管理士になります。

 

 

介護事務の資格の中でも、この2つは知名度が高いですし、

 

年に6回の試験が行われるということは、挑戦しやすいとも言えます。

 

 

また、介護事務の資格の中には、

 

受験資格が決められていることが多いので、

 

介護事務の勉強を始める時には、受験資格の確認をしておきましょう。

 

 

ほとんどの介護事務の資格は、通信講座などを受講すれば、

 

受験資格が得られるようになっていますから、

 

通信講座の資料を取り寄せてみれば、

 

わかりやすいかもしれませんね。

 

 


無添加系トライアルセット