介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




なぜ介護事務が必要なの?

 

介護事務なんて、誰かがやればいい、と思っていませんか?

 

わざわざ介護事務という資格を持っていなくても、

 

計算方法がわかれば、それでいいじゃない、

 

と言う介護職員もいるかもしれません。

 

 

でも、介護福祉士の資格を持ちながら、

 

介護事務の資格を取った私としては、

 

介護の仕事がよく理解できているからこそ、

 

介護事務は資格として必要だと思うのです。

 

 

介護事務は国家資格じゃないし、

 

持っていてもあまり評価されない・・・。

 

確かに大きな施設では、そうかもしれません。

 

 

ですが、小規模の施設では、介護事務だけでなく、

 

全ての業務を職員全員で、フォローしていきますから、

 

介護事務についての知識を持った職員が、

 

多ければ多いほど、業務の分担が可能です。

 

 

例え大きな施設でも、介護保険が導入されて、

 

毎月の利用料などの計算は、介護事務の資格がある人の方が、

 

詳しい内容がわかりますし、資格を持っていることで、

 

利用者さんやその家族へ料金の説明をする時に、

 

安心感を与えられるのです。

 

 

実際に、介護事務の仕事は、計算ですから、

 

通常の事務職員でも兼務することは可能です。

 

 

ですが、介護の業務内容をよく把握して、

 

介護請求を行わなければならない場面もよくありますから、

 

介護事務の仕事をする人は、介護の知識も持ち合わせている

 

必要があるのではないでしょうか。

 

 

現状では、有資格者を優遇するということが、なかなかありませんが、

 

高齢者社会はこれからも続きますから、

 

いずれ重要な資格となるのではないでしょうか。

 

 


無添加系トライアルセット