介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務の試験内容

 

介護事務の試験では、どんなことが行われるのでしょうか。

 

試験問題数や、時間には違いがありますが、

 

内容としては、学科と実技があります。

 

 

学科試験では、介護保険に関する問題や、

 

介護事務請求に関する基礎知識問題が、出題されます。

 

これは、択一式になっていて、おおよそ一時間程度になります。

 

 

実技試験では、介護事務に必要な書類の作成が、いくつか出題されます。

 

つまり、出題された内容から、実際にレセプトを作成することになるのです。

 

 

介護事務の資格で、介護事務管理士では、学科試験は少ないものの、

 

実技試験では、作成する書類が多くなっています。

 

 

受験する介護事務の資格によって、

 

試験内容は若干違いがありますから、

 

申し込む際に、よく確認しておきましょう。

 

 

通信講座などで介護事務の勉強をすると、

 

学習期間中に実技試験の模擬試験が行われます。

 

 

介護事務は、医療事務と同じで、とにかく多くのレセプトを、

 

自分で作成してみることが、試験合格のポイントです。

 

 

介護事務の実技、学科試験どちらも、

 

合格基準は7割以上の正解率となっていますから、

 

1つでも多くの問題をこなすことが大切なのです。

 

 

私も、試験を受けるまでに、何枚もレセプトを作りましたが、

 

うまくいかないときには、それが夢にまで出てきて、どきどきしたものです(笑)。

 

ですが、努力した分、それは自分に帰ってきますから、頑張りましょう!!

 

 


無添加系トライアルセット