介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務試験の合格率

 

介護事務試験の具体的な合格率は、

 

あまり公開されていないのが現状です。

 

 

どうして公開しないのかは、よくわかりませんが、

 

合格ラインについては、どの介護事務資格も明確になっていますから、

 

それを目指して勉強するといいでしょう。

 

 

介護事務資格の中で、合格率が公開されているのは、

 

介護事務実務士で、約67.5%とのことです。

 

 

介護福祉士やケアマネージャーなどの福祉系資格に比べると、

 

非常に高いことがわかります。

 

これはやはり、国家資格と民間資格の違いでしょうね。

 

 

また、ケアクラークや、介護事務管理士の合格ラインは70%で、

 

介護保険事務士は、60%となっています。

 

 

70%の正解を得るためには、やはり、間違えてはいけない部分を、

 

しっかりと勉強しておくことです。

 

 

問題全ての中から、間違えても大丈夫なのは30%と考えるか、

 

30%しか間違えられない、と考えるかで、勉強の取り組み方も変わります。

 

 

前向きな姿勢で、勉強をすれば、例え難しいことがあっても、

 

何とか乗りきっていけるはずですし、あまりに後ろ向きでは、

 

試験勉強自体が進まなくなってしまいます。

 

 

私も、介護事務の合格率がはっきりしないと知った時は、落ち込みましたが、

 

とにかく80%正解してやる!という気持ちに切り替えて勉強しました。

 

 

合格率や合格ラインばかりに気を取られず、

 

自分なりの勉強方法で、基本的な部分をモノにしていきましょう。

 

そうすることで、合格率や合格ラインが、ついてくることでしょう。

 

 


無添加系トライアルセット