介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務試験の感想

 

実際に介護事務の試験を受けてみて、

 

合格した今だから言えますが、

 

実技試験は、ちょっと焦りました。

 

 

レセプトなどの作成ですから、作成のための資料や参考書は、

 

持込でできるのですが、参考書のどの部分に、

 

作成の仕方が記載されているのかを、調べておかなかったので、

 

それを探すのに苦労しました。

 

 

学科と実技の試験時間は2時間とは言え、

 

私には、ものすごく短く感じました。

 

 

焦れば焦るほど時間が過ぎていき、

 

学科の答えを見直しする余裕はありませんでした。

 

 

正直、介護事務の試験が終わった瞬間、

 

「落ちたな」と思ったほどです。

 

 

また、介護事務の試験に限ったことではありませんが、

 

こういった資格試験と言うのは、

 

必ず覚えておかなければならない問題と、

 

ちょっと引っ掛け問題が混じっています。

 

 

私の場合、その引っ掛け問題に躓いて、

 

試験問題を考えた人の思うツボに、

 

まんまとはまってしまったのです。

 

 

介護事務の試験問題自体は、それほど難しくありません。

 

学科試験については、介護保険や介護事務の一般的な勉強ができていれば、

 

あれこれ迷うこともないでしょう。

 

 

そして、実技試験では、自分の持ち込む参考書にページごとの内容を、

 

簡単に付箋などを貼っておくと、わかりやすいと感じました。

 

 

あなたの身近に、介護事務の試験を受けた人がいれば、

 

その人から試験の感想などを、聞いてみるといいでしょう。

 

勉強に関するアドバイスも、もらえるかもしれません。

 

 


無添加系トライアルセット