介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務員に求められることって?

 

介護事務の資格を持っていて、

 

実際に介護事務の仕事をしている私は、

 

最初は、あまり介護事務には興味がありませんでした。

 

 

ですが、私の職場で、介護事務に携わっている人が、

 

自分1人で介護報酬の請求をするのは、非常に不安があるということで、

 

好奇心旺盛な私に白羽の矢が立ったのです。

 

 

その頃丁度、私の子供が小学校に入学し、働ける時間が短くなっていたので、

 

介護報酬請求の時期だけ、介護事務の仕事をさせてもらうことになったのです。

 

 

介護事務は、月の初めに、先月分の利用料金の計算をします。

 

そして、利用者さんを始め、国や自治体に介護報酬請求を行います。

 

この時に、介護事務員には、正確な計算が求められます。

 

 

介護報酬の手続きについては、書類などの記入方法が一定ですから、

 

そう難しくはありません。

 

 

ですが、利用者さん一人一人の介護度や、

 

受けているサービスの内容などは全て違うので、

 

それに見合った計算が必要になってきます。

 

 

これは、文章の上だけで、受けているサービス内容を確認しても、

 

具体的なところまでは、把握できません。

 

 

ですから、請求金額について、利用者さんの家族から質問があっても、

 

うまく説明できないという結果になってしまうのです。

 

 

つまり、介護事務員は、机の上だけで介護を把握するのではなく、

 

実際に現場で行われていることを自分の目で見て

 

業務に取り入れる必要があるのです。

 

 

介護事務員には、それぐらい利用者さんが受けているサービスを理解する

 

能力が求められると思います。

 

 


無添加系トライアルセット