介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務試験の参考書と問題集選び

 

介護事務の勉強をするうえで、

 

参考書と問題集選びは、とても重要です。

 

 

通信講座や学校で、介護事務の勉強をする場合には、

 

参考書や問題集は、予め揃っていますから、選ぶ必要もありませんが、

 

介護事務の試験勉強を独学でする場合には、この参考書と問題集選びが、

 

試験合格の大きなポイントです。

 

 

介護事務の参考書は、まず書店に足を運んで

 

自分の目で内容を確かめましょう。

 

 

出版社の名前や、知名度だけで、介護事務の参考書を選んでも、

 

実際にそれを使って、勉強をしても、イマイチわかりにくい、ということになりがちです。

 

 

また、介護事務の勉強は、参考書だけではうまく進みません。

 

参考書に加えて、問題集も必要になります。

 

 

ですから、介護事務の参考書と問題集は、

 

出版社の同じものを選びましょう。

 

 

出版社が違うと、ちょっとした計算の算出方法や、

 

物事の捉え方が変わりますから、

 

勉強していても、わかりにくくなってしまいます。

 

 

また、介護事務の試験を実施している団体が、

 

推薦する参考書や問題集を選ぶと、

 

試験の傾向がわかりやすく、合格率も高くなるでしょう。

 

 

ただし、介護事務の参考書や問題集は、あれこれ揃えてしまうと、

 

揃えたことが、妙な安心感になって、勉強の取りかかりが遅れがちになるものです。

 

 

介護事務の参考書と問題集を1冊ずつセットにして、

 

勉強が進んだら、次の問題集を用意すると、

 

段階的な学習が出来るはずです。

 

 


無添加系トライアルセット