介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務とホームヘルパーの違いは何ですか?

 

介護事務とホームヘルパーは、業務内容が全く違います。

 

いわゆる、事務職と技術職の違いということになるでしょう。

 

 

ホームヘルパーは、介護が必要とされる人への身体介護や生活援助など、

 

実際に介護サービスを提供する仕事です。

 

 

そして、介護事務は、そういった介護サービスを計算し、

 

国や利用者さんに請求する仕事になるのです。

 

 

最近では、介護事務の資格だけでなく、

 

ホームヘルパーや介護福祉士と言った、

 

現場での資格を取得する人も増えてきています。

 

 

その逆に、介護福祉士やホームヘルパーが、

 

自分のスキルアップのために、

 

介護事務の資格を取るケースも多くなっているのです。

 

 

まさに私のパターンですね。

 

私は、介護事務の仕事をするために、介護事務の資格を取りましたが、

 

介護福祉士が、介護事務の資格を持っていると、介護報酬請求の時に、

 

非常に役に立ちます。

 

 

書類の面だけでなく、実際の介護サービスについて詳しいので、

 

イメージをしながら、レセプトが作成できますし、

 

家族からサービスについての質問があっても、

 

スムーズに説明が出来ます。

 

 

ホームヘルパーと介護事務、どちらの資格を取ればいいか悩んでいる人は、

 

自分が体を使って介護の仕事をしたいのか、頭を使って事務の仕事をしたいのかを、

 

考えて挑戦するといいでしょう。

 

 

もちろん、どちらの資格も、介護現場には欠かせないものですから、

 

どちらか一方といわず、挑戦していただければ、自分の自信にもなりますね。

 

 


無添加系トライアルセット