介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務は、介護業務も兼務できますか?

 

介護業務も兼務できますよ!

 

というより、実際に私がそうです。

 

 

介護事務は、無資格でも仕事ができるので、事業所によっては、

 

その長が、介護事務を兼務しているところもあります。

 

 

小規模の施設などでも、

 

介護事務を介護職員や管理者が兼務しているのです。

 

 

これまでは、そういった無資格の人でも、

 

介護事務の仕事はしてきましたが、

 

これからは、介護事務の資格を介護職員が取得し、

 

兼務するパターンが増えそうです。

 

 

介護職員が、介護事務の資格を取ると、

 

介護報酬請求の際の具体的な内容がわかり、

 

仕事もしやすくなるのです(私の体験談ですが)。

 

 

また、家族から、請求内容についての質問をうけても、

 

実に詳しく説明が出来、家族にも納得してもらえるのです。

 

つまり、家族との信頼関係もより深くなるということになります。

 

 

ですから、私としては、介護事務の仕事をする人は、

 

是非、他の介護関連の資格を取得して欲しいのです。

 

 

もしくは、介護福祉士や、ホームヘルパーといった、

 

介護の資格を持った人に、介護事務を勉強して欲しいです。

 

 

ケアマネージャーの資格を目指している人にも、

 

介護報酬の勉強を兼ねて、

 

介護事務の学習をお勧めしたいですね。

 

 

介護事務の勉強をすることで、

 

自分の仕事のレベルアップができ、

 

しかも、介護請求の知識もつくとなれば、

 

勉強しない手はないと思いますよ。

 

 

仕事を持ちながらの介護事務の勉強は、大変かもしれませんが、

 

挑戦して損はありません。

 

どんどん挑戦領域を広げていきましょう!

 

 


無添加系トライアルセット