介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と介護保険の関係

 

介護事務と介護保険は、重要な関係にあります。

 

介護事務は、介護保険から生まれた資格だからです。

 

 

つまり、介護事務の仕事をするには、

 

ある程度、介護保険についての知識が必要になります。

 

 

とはいえ、本来は、この介護事務の仕事は、

 

ケアマネージャーの役割でした。

 

 

ところが、ケアマネージャーの仕事があまりに多忙で、

 

介護請求にまで手が回らないということで、

 

この介護事務の資格ができたのです。

 

 

そのわりには、ケアマネージャーとは全然扱われ方が違う・・・

 

とぼやいてしまう、介護事務員の方もいるかもしれませんが、

 

それは民間資格と公的資格の違いですから、

 

しかたないかもしれません。

 

 

よく言えば、ケアマネージャーの補佐ということですから、

 

事業所にとっては、なくてはならない存在なのです。

 

 

介護保険では、利用者さんが受けたサービスの1割が本人負担、

 

残りの9割が国や自治体負担になっています。

 

 

この請求を素早くかつ正確に行うのが、介護事務の仕事ですから、

 

受けたサービス内容の単位や、利用者さんの介護度などについても、

 

詳しく知っていなければ、計算業務が成り立ちません。

 

 

介護事務の仕事をしようと思ったら、

 

必ず介護保険の知識がついて回ることを覚悟しておきましょう。

 

 

私も資格を取る前は、介護事務の仕事よりも、

 

介護保険の勉強のほうが不安でしたが、実際に仕事に就いてみると、

 

色々と勉強になることが多いので、結構楽しいです。

 

 

介護事務は、仕事をしながら、

 

自分のレベルアップができる仕事だと思います。

 

 


無添加系トライアルセット