介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と介護度

 

介護事務の仕事を行う時に、

 

忘れてはならないのが、利用者さんの介護度です。

 

 

介護度とは、その人に必要な介護のレベルとでも言うのでしょうか。

 

介護保険では、介護に必要なサービスを受ける時に、

 

その利用限度が決められていて、

 

その限度額は、この介護度によって違ってくるのです。

 

 

つまり、介護報酬の計算に必要な

 

「サービス単位」も違うということなのです。

 

 

介護事務の業務を行う時に、この介護度を知らなければ、

 

介護報酬の計算は出来ません。

 

 

しかも、介護度は、利用者さんの状態や変化によっても変わります。

 

定期的に聞き取り調査を行って、状態に変化がないか、確認しますが、

 

中には、体調が悪くなる人も多いのです。

 

 

変更になった介護度によって、

 

介護報酬の請求を計算するケースもあれば、

 

今回の請求は、現行の介護度で行うケースもあり、

 

介護事務は、非常に臨機応変さが重要となるのです。

 

 

介護度は、大きくは要支援と要介護に分類されます。

 

要支援には2段階あり、要介護は5段階です。

 

 

例えば、介護度1の人の利用限度額は、

 

現在16万5800円ですから、その限度額内で、

 

受けられるサービスが決められます。

 

 

介護事務の複雑なところは、介護度によって、

 

受けているサービスの費用が違うことです。

 

 

さらに、介護度によっては、

 

介護報酬請求の申請をする機関も違うことがあるのです。

 

 

まさに、利用者さん一人一人を理解していなければ、

 

介護事務は、スムーズに行えないということになりますね。

 

 


無添加系トライアルセット