介護事務の資格試験に最短で合格した勉強法

多くの人が間違った方法で介護事務試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護事務試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?




介護事務と介護サービス費

 

介護事務の仕事は、介護報酬請求が主ですが、それを行う上で、

 

介護サービス費に関する知識は、持ち合わせていなくてはなりません。

 

 

介護サービス費とは、介護を受けている人が、

 

毎月介護サービスを利用する際の費用で、

 

介護度によって金額は大きく変わります。

 

 

介護事務員は、この介護度と介護サービス費を頭に入れて、

 

毎月の請求額を算出することになります。

 

 

この介護サービス費は、限度額は全国一律ですが、

 

サービス内容ごとの費用は、地域によって違います。

 

 

また、特別な場合に利用できる介護サービス費もあるので、

 

介護事務員は、利用者さんごとの利用しているサービス内容を、

 

しっかりと把握する必要があるのです。

 

 

本来介護保険の給付に関する業務は、ケアマネージャーが行いますが、

 

介護事務は、その補佐的な役割で登場した資格です。

 

 

利用限度額に応じた介護計画は、ケアマネージャーが立案するのですが、

 

利用中の急な変更に関して、限度額を超えないかどうかを最初に判断するのが、

 

介護事務の大きな仕事でもあります。

 

 

利用限度額は、利用者さんは1割負担ですが、超過した分については、

 

自己負担となってしまいますから、そうならないように管理するのも、

 

介護事務の重要な役割なのです。

 

 

介護事務は、計算だけしていればいいわけではありません。

 

利用者さんのレベルに応じた介護サービスが、提供されているかを、

 

請求作業によって確認している、とても大切な仕事なのです。

 

 


無添加系トライアルセット